看板と表札ってどう違う?

看板の効果2

色で注目させる

存在を認知させるためにも目立つことを考えるべきでしょう。目立つためには「大きさ」や「色」、「形」が重要です。しかし、実際には大きさや形を変えることにより、コストが上下します。目立つためには、大きくして、複雑な形にすれば認知されやすいのですが、それではコストが大きくなるのは言うまでも無いでしょう。そこで、色を変えるのが一番低コストで認知させやすくなります。

では、最も目立つ色は何色でしょうか。赤と答える人がいると思いますが、実際には黄色だと言われています。黄色は注意を促す色なので、遠方からでも見やすい色なのです。ただし、注意すべき点は看板無いに黄色の占める割合が高いと、軽くて品のない感じになってしまいます。「赤」、「青」、「黒」に「黄」を組み合わせると良いと思います。

受ける印象

見本

防火、禁止、危険、停止、興奮、情熱、炎消防車、血・・・など

 

安全、避難、進め、健康、安らぎ、平和、自然、平成・・・など

 

指示、用心、クール、落ち着き、清潔、深遠、空、水・・・など

 

注意、快活、愉快、明朗、集中、華やか、自由、楽天的・・・など

 

マゼンダ

女性的、華麗、色香、幻想的、陶酔感、誘惑、神秘的・・・など

 

シアン

クール、スマート、爽快、進歩的、自制心、精神力、知的・・・など

 

純真、潔白、潔癖、冷たい、シンプル、気品、神聖、純粋・・・など

 

重々しい、威厳、モダン、フォーマル、高級、陰鬱、不気味・・・など

 

機能

看板の機能はその表示内容から、大きく分けて「公共看板」と「企業看板」に分けることができます。

公共看板は公共的な情報の表示が主な目的です。例えば道路標識や施設案内板のように、公共施設の位置や方向を指し示す物です。明確に表示することにより、スムーズな生活を送るための手助けになり、効果を発揮します。このような看板にはインパクトは必要はありません。

一方、企業看板は広告として企業名や商品名を対外的にアピールするため、または企業のCI展開、基盤、競争力の強化の提示など、その内容や目的は多種多様です。時には人々の興味や注意を引くようなインパクトのある看板も登場します。あなたの営業パートナーの頼もしい味方として、絶大な効果を発揮してくれるかもしれません。

看板の管理

電気料金

夜間のように、暗いときでも目立つようにするためには、電飾看板が有効です。内照式にするか、外照式にするかはありますがどちらを選択するにしても看板用の電気設備が必要になり、電気を使うために毎月の電気料金というコストが発生します。

メンテナンス

看板でも提起的なメンテナンスをお勧めします。どんな看板も長い間、風雨にさらされれば、腐食、破損の可能性があります。蛍光灯や投光器の場合は電球の寿命もあり、1箇所が切れると次々に消える場合もあります。ネオンの不点灯はお店のイメージをダウンさせる結果にしかなりません。気をつけましょう。

Valuable information

口コミで話題のドッグフードランキング

Last update:2017/11/29